アニメ, 天晴爛漫!2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, appare, アニメ, 天晴爛漫

アルとのレースは熱かった。

シャーレンやアルのように
最初から無理だと諦めるよりは
自分なりに勝とうと努力をして
諦めない方が良いと言いたいんだろうね。

天晴は無茶苦茶だけど
失敗から改善をしていく
研究者気質なんだろうな。

アルにはソフィア。
天晴には小雨とお目付け役が必要なのも
何となくわかったし
天晴とアルはいいライバルになりそうだね。

そして今回のレースを見て
改めて天晴と小雨の信頼感が見えた気がしたな。

【主題歌】TV 天晴爛漫!OP「I got it!」/Mia REGINA

【主題歌】TV 天晴爛漫! ED「I’m Nobody」/森久保祥太郎

アニメ, 天晴爛漫!2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, appare, アニメ, 天晴爛漫

「俺が働きたいところでは俺を雇わない、俺を雇いたいところでは俺が働きたくない。」

天晴が言いたい事は何となくわかる気がするな。
自分が何をしたいのかわからずに
親が決めたからや家がこうだからと
もちろんそれも1つの道なんだろうけど
天晴のように自分がやりたい事がわかっていて
それを貫ける姿勢は素晴らしいと感じるね。

シャーレンが思い知らされたレーサーになれないという絶望感。
その境遇を自分と重ねたのか小雨の感情の変化があったね。
天晴の「不可能な事と不可能だと思われている事は違う」という言葉は
シャーレンにも響いたんじゃないかな。

【主題歌】TV 天晴爛漫!OP「I got it!」/Mia REGINA

【主題歌】TV 天晴爛漫! ED「I’m Nobody」/森久保祥太郎

アニメ, 天晴爛漫!2020年4月アニメ, 2020春アニメ, appare, アニメ, 天晴爛漫

明治あたりの時代設定かな。

カラクリを作っている天晴と
天晴お目付け役である道場の師範代、小雨の冒険譚なのかな?

天晴の振る舞いは賛否両論だろうね。
働きもしないでカラクリばっかり作っててという意見と
カラクリに専念する事で新しい発明をしてくれているという意見と。

天晴本人は我関せずの精神でブレないけれど
家族や周りの人は心配なんだろうね。
理解ある人はいれど、お互いにどこまで歩み寄れるのか気になるね。

【主題歌】TV 天晴爛漫!OP「I got it!」/Mia REGINA

【主題歌】TV 天晴爛漫! ED「I’m Nobody」/森久保祥太郎