アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

- 幸せ -

【ストーリー】
浸蝕者から芥川の悩み・苦痛を聞いた太宰。
それでもまだ芥川の本を文学を救いたいと
芥川の本の世界へ入る。

【感想】
いくら芥川が苦しんだとしても
太宰たちは芥川の作品を見て
影響を受けた事でもある。
その作品や文学たちを消し去ってしまうのは
本当に芥川の幸せなのか。
それとも芥川が苦悩していたのは
最終的には芥川の幸せなのか。
結局、本人にしかわからないのかもしれないね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

- 解放 -

【ストーリー】
浸蝕者は芥川のよき理解者であり
芥川がみんなの期待される小説を書くことに対して
苦痛になっている事を知る。
最終的に芥川が選んだ道は
もう1人の自分との問答により自殺をする事だった。
ずっと芥川の苦悩を見てきた浸蝕者がとった行動は
文学を呪い、芥川のすべての作品を消すことを望む。

【感想】
人々の期待に応える作品を生み出さなくてはならないという使命に囚われた芥川は
世間からの評価がずっと気になっていたんだろうね。
そんな自分を空っぽだと表現するのは興味深かったね。
芥川の苦悩をずっと見てきた浸蝕者としては
芥川本人を小説から解放してあげたいと思ったんだろうな。
今までの浸蝕者ももしかしたら同様の想いがあったのかもしれないと思うと
さらに味が出てきた気がする。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

- 生み出す苦悩 -

【ストーリー】
芥川を浸蝕者として排除する動きを見せる文豪と
浸蝕者でも仲間だと擁護する文豪たち。
その中で芥川は浸蝕者を作り出した時の事を思い出す。

【感想】
芥川のように有名になったら
次の作品を期待され
同じような作風でなければ
期待外れだと言われる。
そんな現状に芥川は苦しんでいたのかもしれないね。
売れる前は必死にやってきたけれど
少し心の余裕が出来た時に
本当にやりたい事は何なのか考える時間が出来たんだろうな。
苦しむ一方で自分を解放させられる人格を作ってしまった。

次の作品を同じ作風で期待される苦悩は
芥川だけではなくクリエイティブ系の人はは
あてはまる人いるのではないかな。
その中でチャレンジが出来る人と
やりたくても出来ない人もいるだろうし難しいよね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

真相と心理。

過去の言動を振り返る事で
芥川が浸蝕者なのかそうでないのかを確かめていく事に。
色々な出会いを経て、他の文豪たちは
芥川は芥川なのだと信じるが
芥川と太宰は異変に気付く。

他の文豪がいくら本人だと信じていても
本人が信じない事には始まらないんだなぁ。
芥川には芥川なりの不安があって
それをあまり人に見せたくないという心情もありそうだし
かといってこのまま浸蝕者に好き勝手させたくない
板挟みの状況なのかな。
こういう気持ちも難しいね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

否定や不安、恐怖。

芥川から自分の作品を否定された太宰。
心の拠り所を失った太宰は人間失格の物語の中で
自分がわからなくなってしまう。

なかなか自分を見せるのが難しかったり
否定されたらどうしようという気持ちは大いにわかるなぁ。
新しいものに対する不安感や、わからないものに対する恐怖
わからないものを排除したいという気持ちもわかる。
それでも自分を奮起させてくれたり
変わる事を手伝ってくれる友人がいる事は素敵な事だよね。
太宰も人間になれたみたいだし
後は芥川がどうなるのか盛り上がってきたね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

人はそう簡単には変われない。

前回の件があり、塞ぎ込んでしまっている芥川。
島崎がその変化に気付き、芥川の作風の違いから
芥川の中に侵蝕者が眠っているのではと推測する。

島崎が晩年の芥川の作風の違いを用いながら
的確に表現していくところは興味深かったな。
人はそう簡単には変われないし
作風もなかなか変える事は出来ない。
人は色々な経験があったからこそ
今の自分を形成している。
それを否定するのは
かなり勇気がいるって事なのかもしれないね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

自己の否定。

芥川龍之介の地獄変の世界に入る治たち。
龍之介は芸術至上主義に憧れていたが
挫折し自分の作品を否定していた。

挫折したとはいえ龍之介は地獄変の良秀のように
芸術の為ならば何を犠牲にしても良いという考え方に
ずっと憧れを抱いていたのかもしれないね。

それが良いのか悪いのかはわからないけれど
価値観の1つとしてはあるのかもしれないな。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

批評と嫉妬。

直哉に龍之介の事を批評され
頭にくる治。
龍之介は直哉の批評はもっともだと受け止め
かつ直哉の才能に嫉妬していた。

人の感性によって左右されるものでも
人は比べたがる。
それによって自分の価値観に優劣をつけてしまったり
嫉妬してしまったりするんだろうね。

相手を尊敬すればするほど
自分の劣等感はすごいのかもしれないな。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

相手を想うからこそ。

前回の文学が無くなった世界は
朔太郎のしわざだったのね。

朔太郎も犀星も
お互いを想うからこそ
身を引こうと思ったのかもしれないな。

でもそれはお互いに足を引っ張る事になってしまった。
その事に気付いた時にはもう遅く
朔太郎は自分の詩を消すことで
犀星の詩を残そうとしたんだね。

侵蝕者側も手段を選ばず
アルケミストの心のスキマを狙ってきているんだな。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

文学が無くなった世界。

世界は現代へ。
高校生のヨージが太宰の作品から
文学のおもしろさを知り、心の充実感を得る。
しかし、急に文学が消えていく事で虚無感を感じる。

これは侵蝕者に侵されて
すでに起きている現象なのか
それとも今後、こうなっていくという事なのか
どっちなんだろう。

「文学は生きていく上で必ずしも必要なものとは言えない、でもきっと誰かの心を満たしている。」
とヨージが通っている先生が言っているように
目に触れる機会も多いし、実際に振れている人も多いだろう。

それが無くなってしまった世界を考えると計り知れないね。

芥川や太宰たちがどうして一生懸命になって
浸蝕者たちと戦っているのかがわかる話だった。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤