アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

批評と嫉妬。

直哉に龍之介の事を批評され
頭にくる治。
龍之介は直哉の批評はもっともだと受け止め
かつ直哉の才能に嫉妬していた。

人の感性によって左右されるものでも
人は比べたがる。
それによって自分の価値観に優劣をつけてしまったり
嫉妬してしまったりするんだろうね。

相手を尊敬すればするほど
自分の劣等感はすごいのかもしれないな。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第1巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第2巻 初回限定版

【Blu-ray】TV 文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ 第3巻 初回限定版

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

相手を想うからこそ。

前回の文学が無くなった世界は
朔太郎のしわざだったのね。

朔太郎も犀星も
お互いを想うからこそ
身を引こうと思ったのかもしれないな。

でもそれはお互いに足を引っ張る事になってしまった。
その事に気付いた時にはもう遅く
朔太郎は自分の詩を消すことで
犀星の詩を残そうとしたんだね。

侵蝕者側も手段を選ばず
アルケミストの心のスキマを狙ってきているんだな。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

文学が無くなった世界。

世界は現代へ。
高校生のヨージが太宰の作品から
文学のおもしろさを知り、心の充実感を得る。
しかし、急に文学が消えていく事で虚無感を感じる。

これは侵蝕者に侵されて
すでに起きている現象なのか
それとも今後、こうなっていくという事なのか
どっちなんだろう。

「文学は生きていく上で必ずしも必要なものとは言えない、でもきっと誰かの心を満たしている。」
とヨージが通っている先生が言っているように
目に触れる機会も多いし、実際に振れている人も多いだろう。

それが無くなってしまった世界を考えると計り知れないね。

芥川や太宰たちがどうして一生懸命になって
浸蝕者たちと戦っているのかがわかる話だった。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, 2020春アニメ感想シリーズ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

ただの山賊だと思われていた安吾は
この先の展開を知っていたんだな。

太宰の時は先の展開を知らなかったみたいだけど
どういう条件なんだろう。

安吾は太宰や織田作の死を知って
孤独になる事に怯えていたんだろうね。
孤独になるくらいなら、例え鬼だとしても
自分を選んでくれる事を喜びとしたのか。

なかなか難しい話だね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

図書館の存在やアルケミスト。
少し説明があって状況がわかってきたな。

今回は坂口安吾の桜の森の満開の下ね。

太宰治、織田作之助とも親交が深かったのは
初めて知ったわ。
作品の中に色々な情報があって
それを知るいい機会になったな。

太宰や、織田作は安吾に対して
どういう想いを持っているのか
後編も期待。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤

アニメ, 文豪とアルケミスト2020年4月アニメ, 2020春アニメ, アニメ, 文アニ, 文アル, 文豪とアルケミスト

文豪たちの作品世界を消そうする浸蝕者と
作品を守る文豪たちって話なのね。
文豪たちも本人ではなく、魂のようなものが擬人化してるって事なのかな。

それぞれの作品にテーマがあって
そのテーマを完成させられるのか
それとも完成させられないのかによって
作品が守られるか左右されるって感じなのだろうね。

1話は太宰治の走れメロスか。
友との友情、約束がテーマだったな。

この切り口はおもしろいから
引き続き見たいね。

【主題歌】TV 文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ ED「藪の中のジンテーゼ」/南條愛乃 初回限定盤